スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年06月19日

Lens Protection

 551とM600Bのプロテクションを調達。

 

 551は、この製品を入手。

 

 装着後の見た目に違和感を感じたので、こんな具合に塗装してみる事に。

 

 また、レンズ部分の肉厚な側面も塗ったので、レンズ自体の存在感が薄くなり自然にフィット。


 M600Bは、こちらで触れたフィルターのレンズをクリアのポリカに交換。

 


 これで心置きなく撃ち合う事が可能に。


  
タグ :EOTECHSUREFIRE


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:01Comments(0)HK416DM4

2014年06月03日

M4 part.4 Tango Down

 こちらで触れたTango Downグリップ。

 

 愛着あるKnight'sのフォアードグリップをCQBRに装着し、かつての感覚を思い起こしつつあるものの、この画像にTango Downが付いているので試してみる事に。

 


 実際の印象は好感触。

 ・自身の手の大きさにマッチするグリップの太さ
 ・スチールバレルのCQBRでも重さを感じさせないグリップ感
 ・グリップ内にレール用レンチ等が収納可

 


 それにしても、こんなフォアグリップからも416への系譜を実感。


  
タグ :M4PTW


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03Comments(0)M4

2014年05月31日

M4 part.2 CQBR

 こちらで触れた仕様のCQBRが完成。

 

 これまでM4までは経験したので、416の前にCQBRを入手。

 また、Craneストックに合わせてLMTのバッファーチューブをセット。

 


 NSWDGにおけるM4最終期仕様を手にし、かつて様々な仕様で所有したM4シリーズの最後を飾るモデルに。

 

  
タグ :M4PTW


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 21:14Comments(0)M4

2014年05月30日

M4 part.3 MAGPUL PMAG

 こちらで触れたPMAGを調整。

 


 PTS製のトレポン用PMAGを使用する際、個体によりこのような問題が発生。

 ①弾入れがスムーズに行えない
 ②マガジンキャッチが掛かりにくい
 ③二発目でボルトストップ機能が働いてしまう


 上記のマイナートラブルを解決するため各所を調整。

 ①は、分解すると両サイドに現れる小さなスプリングの上面にあるパーツを少しだけカッターで削り、アタリ付け。

 

 ②は、マガジン側に掛かる四角形の穴の上面部分を少しだけカッターで削り、アタリ付け。

 

 ③は、マガジン側のボルトストップレバーの上面を少しだけカッターで切削。

 

 というもので、給弾には問題が無かったものの、 先日のトレーニングの際には弾入れやマグチェンジに苦労させられたので、この調整でストレスフリーに。

 微調整が必要なマガジンであるものの、ポリマー製のメリットは代え難い魅力。
 アルミマガジン世代としては、新しい発見。


  
タグ :M4MAGPUL


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:06Comments(0)M4

2014年05月24日

1st プライマリー

 やっと、一つ目のプライマリーを調達。

 

 いつか使ってみたかったので、ベースはこちらで触れたPTWを選択。
 
 当時の不満は解消されているのか?PTWの進化は?
 10年間のブランクで知り得なかった内容を、今後のゲーム使用で経験してみる事に。


  
タグ :M4PTW


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 12:37Comments(0)M4

2014年02月05日

M4 part.1 Handguard

 M4用のハンドガードを調達。

 

 M4は、2000年前後にSOPMODの「フェーズ1」まで造り上げ、今は416の完成に向けて努力しているものの、両者の間には「フェーズ2」が存在し未経験。

 

 Mk18 mod0も興味深いが、氏の第一級資料画像を見て、この仕様のCQBRに興味津々。
 
 

 416への移行期前、M4最終期と思われるOLD SCHOOL的な画像には、このハンドガードを装着したM4が多く写っており、RIS以降の変遷の様子が見て取れる。

 
 


 Knight's製のRIS・RAS・RAS2を経験してKnight'sへの信仰が深くなったものの、まさかKnight's抜きのM4を想像する日が来るとは思わず。

 

 ちなみに、これは97年前後に調達したKnight's社製ポスター。

 自身のブランクを埋め合わせるためにも、最終期のM4をいつか造り上げる事に。

 まずは、パーツ集めの第一段として、このハンドガードを調達。

 


   
タグ :M4


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 21:17M4