スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年01月02日

S&S Plate Frame Part.1

 プレキャリを調達。

 

 調達したのは、以前から気になっていたS&Sのプレート・フレーム。

 

 S&Sのカタログに'12年から登場するプレートフレームで、部分的に公開されている納入情報でも、'12年に最低175着が納っている。

 このプレートフレームの詳細を調べる過程で海外と情報交換していると、不思議なタイミングで、まるで聞きつけたかのように、このモデルの情報が近づいて来た。

 

 最初、コンタクトがあった際には、信用に値する話か半信半疑。
 万一を考え慎重を期しての交渉の末、紆余曲折が有りながらも真偽を確信したので、迷わず入手。


 苦労の末やっと手にした新品のプレートフレームは、この画像では左から2番目のカラー。

 
 

 そして、最も興味深い点は、数多くの画像からは発見出来ない、知り得るはずもない特殊な形状のフレーム。
 適合するプレートの形状は、ESAPIでもなく一般的なswimmerとも異なっていた。
 調べてみると、チキンプレートに近いサイズのswimmerプレートが存在し、彼等がこのプレートを使用している事実を初めて知り得る事に。

 

 また、各Squadron別の刻印が入ったフレームも存在していると思われるので、今後RedやBlue仕様が明るみになるのは時間の問題と推測。


 現用装備の一つが、画像や資料ではなく現物から判明し、その事実からあらためて自身の無知を知らされる結果に。


  
タグ :SandS


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:06Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年12月30日

LBT-6094A Part.4

 グレネードポーチを調達。

 

「2003 Eagle Industries DG-MLCS Frag Grenade Pouch MOLLE」

 入手が難しい古参ならではのポーチの一つなので、入手出来て大満足。


  

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 15:46Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年11月12日

LBT-6094K

 LBTのKパネルを調達。

 
 
 Owen氏が多くの画像を公開してからというもの、人気モデルではなかったKパネルの相場は上昇。

 

 そして、M4/MP7/Hybridと3種類のK/Lパネルが存在するだけでなく、例に漏れず年単位で細部が異なる面倒な状況。

 


 また、調達しようと決めたモデルは、いつも通りの調達難。
 しかし、探し続ける事で、この時期では貴重な新品と巡り会う事に。


 その詳細をチェックしてみると、Experimentalとも言われる最初期モデルゆえに御約束のタグは一切無し。

 

 DOMは'07~'08かと予想されるものの、フルデジへの移行が'08のどの時期からなのか?など、明確な事実を知りたくなる不思議。


 詳細は画像の通りで、M4/MP7のマグが入るHybridポーチ。

 

 そして、最初期モデルを示す独特な形状が特徴的なadminとwebbing。 

 

 見かける事が多いオペレーターによるナビボード用の加工等も無し。


 白パルの6094より放出量が少ないとされ、目前に出て来たら即買いが基本の超レアアイテムとなったこのモデル。
 外国人にふっかけられたりなどして縁がなくしばらく悶々としていたが、調達に関係した各位の善意には心から感謝。


  
タグ :LBT6094


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 11:21Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年11月02日

LBT-6094A Part.3

 こちらで触れた「P/N LBT-6094A」のカマーバンドを調達。

 

 最初期の6094にはインナーラジオポーチが無いため、新たにラジオポーチを探していたところ、インナーラジオポーチが採用された頃のカマーバンドが見つかったので入手。

 6094も実に奥が深い。

  
タグ :LBT6094


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 13:24Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年09月13日

LBT-6094A Part.2

 ピストルマグポーチを探していたら、こんなポーチが。

 

 「2002 Eagle Industries DG-MLCS Double Pistol Magazine Pouch MOLLE」

 ちょうど私が一度引退した頃にこんなキットが支給されていたなど露知らず。
 古参のオペレーターを目指し、迷わず調達する事に。

 

  
タグ :LBT6094TAN


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 23:31Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年09月11日

LBT-6094A Part.1

 LBTで最も成功したプレキャリと言える「6094」。

 

 その6094のOld Genを調達。

 

 初期型から進化する6094を経験して、1195J・0290D以降のブランクを少しでも埋める事に。

 






  
タグ :LBT6094TAN


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 11:06Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年08月17日

LBT-6094A AOR1 part.4

 ハイドレーションを追加。

 

 追加に際してハイドレーションチューブのカラーを検討すると、やはりO.Dカラーが一般的。
 しかし、こんな画像も存在したので、参考にしてグレーカラーを調達してみる事に。

 
 




  
タグ :LBT6094AOR1


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 01:04Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年08月13日

LBT-6094A AOR1 part.3

 6094をカンガルーに。

 

 NJPCでカンガルーの良さを経験したので、自身好みの使い易い6094を目指し、基本的な組み方でセットアップ。
 いつもスリングでプライマリーを下げているが、前がスッキリしてかさばらず好印象。


  
タグ :LBT6094AOR1


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 20:59Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年08月07日

LBT-6094A AOR1 part.2

 取り急ぎ6094をセットアップ。

 

 自身好みの使い易い6094を目指し、一般的な組み方をしてみたものの、NJPCでカンガルーの良さを経験したので、次はまた別のセットアップを試してみる事に。

 


  
タグ :LBTAOR16094


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 19:08Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年08月03日

LBT-6094A AOR1 part.1

 6094のAOR1を調達。

 
 

 6094はAOR2を経験したものの、やはりAOR1も揃えるべく、ESAPI仕様・Gen2ではないswimmerカットを調達。

 

 今後、自身の好みで使い易い6094に仕上げて行く事に。


  
タグ :LBTAOR16094


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 09:55Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年03月12日

EAGLE MMAC AOR2 part.4

 GPポーチを調達。

 

 MMACにユーティリティ系のポーチを一つセット。
 AOR1のポーチはCRYE主体で揃えていたものの、ラージサイズは見掛けてもこのスモールサイズは中々見つからず。
 工夫された構造になっている訳でもなく、何の変哲もない一般的なポーチ。

 

 しかし、ずっと探していただけに調達できて一安心。

 

 スモールとは言え、パンパンに入れるとここまで入るイメージ。  


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 10:18Comments(0)Plate Carrier/Vest

2014年02月27日

EAGLE MMAC AOR2 part.3

 ハイドレーションポーチを調達。

 

 久々のポーチ調達だが、6本のMOLLEテープが特徴的な「LBT 6199A-330D AOR1 50oz Hydration Pouch」の新品と運良く出会い入手。

 

 ずっと探していたものの、なかなか縁が無かったので、これで一安心。

 

 50ozモデルは、MMACの空いたバックパネルスペースにピッタリで最適なサイズ。

 

 MOLLEテープに3本の「ASP Tri-Fold」もセットして完了。

 


  


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 12:22Comments(0)Plate Carrier/Vest

2013年11月24日

EAGLE MMAC AOR2 part.2

 6094からポーチ類をMMACに移植。

 


 ただ付け替えるだけの作業でも、あらためてMMACの小ささを実感。
 プレキャリのアドミン用スペースよりアドミンが大きく、プレキャリが見えなくなるぐらいの印象。

 

 この小ささがもたらす装着時の軽快さには満足。


  
タグ :EAGLEAOR2


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 06:05Comments(0)Plate Carrier/Vest

2013年11月11日

EAGLE MMAC AOR2 part.1

 EAGLEのMulti Mission Armor Carrier (MMAC)を調達。

 

 メーカーHP "http://www.eagleindustries.com/products/detail.aspx?id=231" にMMACの詳細が掲載されているが、実際に手に取った際の第一印象は、予想以上にパネルが小さく驚かされる事に。

 サイズは、SからXLまでが用意され、体型から推測してMサイズを調達したが、腹周りが約90cmでもMサイズでバッチリ。
 また、カマーバンドの調整もバンジーコードにアジャスターが装着されているため容易行える。

 

 肝心なキャリアのサイズは、フロントパネルの縦寸法が約31cmで、6094Aより7cm短く、SwimmerのMサイズプレートがジャストフィットするサイズ。
 これぐらいの大きさが自身の体型には丁度良い。

 
 

 ちなみに、D-PCとの比較では、フロントパネルの横幅がMOLLE1コマ分細身になっているようだ。

 基本的な仕様は、LBTの6094と変わらず。
 その構成に味気なさを感じるものの、6094の内容が素晴らしいだけに、そのコンセプトを踏襲した様子。

 それにしても、コンパクトさがもたらす着心地の快適さは、想像以上の良さ。
 ’’Designed by the operator for the operator’’の言葉どおり、期待を裏切らないプレキャリ。

   
タグ :EAGLEAOR2


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03Comments(0)Plate Carrier/Vest

2013年09月03日

LBT-6094A AOR2 part.16

 148をインナーラジオポーチに入れると、付属するパラコードの長さが足りなくなり、ボタンが留められなくなる6094。

 


 必要な長さ40cmを確保するため、パラコードを調達。

 


 6094に付属するパラコードの色と合わせるため、2種類を調達。
 
 

 色は、ODグリーンで解決した。

  
タグ :LBTAOR26094


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:05Comments(0)Plate Carrier/Vest

2013年08月13日

LBT-6094A AOR2 part.15

 止血帯を調達。

 

 アルミ製ハンドルで締めつけて止血するTQS社の止血帯。
 実際に使う事は無いだろうが、こんな画像を見てしまうと装着したくなるもの。

 


 「TQS MET Tourniquet Gen2」

 

 早速、6094に装着。

 

   
タグ :LBTAOR26094


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03Comments(0)Plate Carrier/Vest

2013年08月06日

LBT-6094A AOR2 part.14

 時間ができたので、プレートの位置を調整。

 

 急所を守るのがプレートの役割。
 RB1のターゲットを見ても、胸骨が中心。

 


 ところが、swimmerのミディアムサイズを6094Aに入れても、上部が少し余ってしまう。
 という事で、プレートをもう少し上げてセットするために、ベロクロを使って工夫する事に。

 

 ベロクロをプレートに貼り付け、余った部分でキャリアに固定。
 ダミープレートなのでこの程度のベロクロで十分だが、実プレートならプレートの下全面に貼り付ければ問題無さそう。それにしても、ベロクロは本当に便利なツール。

 swimmerプレートを適正な位置で固定出来たので、少々わかり難いがこのようなシルエット。

 

 また、プレートは立体成形されているが、驚いた事に適切な位置の着心地はとても快適。
 前回の調整でもフィット感を感じたが、こんなに良好な状態になるとは想像もせず。
 
   
タグ :AOR2LBT6094


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:19Comments(0)Plate Carrier/Vest

2013年07月25日

LBT-6094A AOR2 part.13

 アドミンポーチを入手。

 

 ホルスターを胸元ではなく左サイドに装着したので、空いたスペースにアドミンを導入。

 

 製造年により様々なタイプが存在する中から、下記仕様を選択。

 ・大ポケット
 ・小ポケット
 ・ライト/マガジンポケット
 ・前面MOLLE
 
 アドミンを装着しても前面にMOLLEが存在し、装備に幅が生まれる仕様。

  
 ユーティリティポケットによる小物類の収納量が増え、その使い勝手には大満足。
 また、SUREFIREのためポケットも大変に機能的。

  


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03Comments(0)Plate Carrier/Vest

2013年07月17日

LBT-6094A AOR2 part.11

 キャンティーンポーチが到着。

 

 ハイドレーションは50ozのAOR2が入手出来ないため諦め、このAdamの画像などを見てキャンティーンポーチを選択。

 

 大方がペットボトル。

 

 キャンティーンポーチには下記の2種類が存在するが、前者はウッドランド時代に使っていた形状なので、今回は後者を選択。

「CANTEEN POUCH (NALGENE)」
「CANTEEN/GENERAL PURPOSE POUCH」

 ペットボトルを入れて完成。

 

 また、ついでにNVプロテクティブインサートも入手。
 早く入れる中身を調達したいもの。

 

  


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 22:45Comments(0)Plate Carrier/Vest

2013年07月07日

LBT-6094A AOR2 part.10

 6094にCQCを装着。

 

 BLACKHAWKのアタッチメントを使用して胸部・左脇に取付け。

 

 アクセスは両位置共に良好で、非常に扱いやすくどちらに装着しても問題なし。

 それにしても、このホルスターのセーフティー機能は素晴らしい。
 クロスでもスピーディーなドローが容易で、収納も簡単。
 装着場所が制限される事もなく、まさに傑作ホルスター。

 


 また、 ZEROのカラビナとITWのウェブドミネーターも装着してみた。
 最近は、便利グッズの多さに驚かされる。

 
 


  


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:29Comments(0)Plate Carrier/Vest