2013年03月18日

HK416D part.1

 次期プライマリーは、Mk18のMod.0やMod.1ではなく、ほぼ「HK416D」で気持ちが固まった。

 

 まだパーツが出揃っていない事もあり、トレポンでの416製作は難しいかも知れないが、時間を掛けて所有欲が満たされる416を作って行きたいと思う。

 かつて、M4の時もそうだった。
 日本でRISが出始めた'96年頃に飛び付いたが、アルミのパイプをアウターバレル代わりにしてRISをビス留めしただけのモノだった。
 しかし、その後はパーカライジング処理が施された実寸スチールアウターバレルやバレルナットカラーの登場で各部は満足できるモノになったが、最終的にはマルイベース特有の超えられない壁もあった。

 このような点を満たすためにトレポンが開発されたと思うが、いざトレポンで「416」を作ろうとすると少し話が変わって来るように思える。まだM4の時のように過渡期なのだろう。

 しかし、塗装や刻印を含め、当時では再現不可能だった事が今では可能に。
 細部が再現され深化した「HK416D」を早く手にしたい。

 


 とりあえずは部品集めから。
 まずは、HK製のハンドガードが届いた。

 

 RIS・RAS・RASⅡ以来、久々に手にするレール。


  
タグ :HK416


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 22:35Comments(0)HK416D