2013年08月24日

HK416D part.39 Accessary

 このようなモノを手配してみた。

 

 GBではなく電動である限り、バッテリーの収納と配線処理は永遠のテーマ。

 後方配線を選択すればバッファーチューブ内に収められるため、トレポンではこの問題を容易く解決出来る。
 しかし、前方配線でリアルな外観を追求するなら、何らかの工夫をしなければ結果として萎える事に。


 M4時代には、この問題をREDI-MAGやM203で対処したが、過度な重量増や偏心を避ける事が難しく、実以上の重量になる事も。

 昨今では、小型化されたリポの出現で重量の問題はほぼ解決しているが、前方配線に拘るなら配線隠しの課題は避けられない。
 
 
 前後の選択に頭を悩まされる日々。

 

  
タグ :HK416PEQ15LA-5


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03Comments(0)HK416D