2013年12月30日

HK416D part.58 Vertical Fore Grip

  HK416D part.17 Vertical Gripで触れたように馴染みのKnight's製フォアグリップに愛着があったものの、気が変わりTangoDown製を調達。

 

 理由は、ITI製のプレッシャースイッチを収めるためで、ベタな選択ゆえにつまらなさを感じるものの、定番ゆえの理由も知る事に。


 Knight'sとの太さの違いは、このような感じ。

 

 それにしても、驚いたのはTangoDownがHK製レールに入らない点。
 1913規格でバッチリ合うのかと思いきや、何とも面倒な事にTangoDownを削って広げる加工が必要に。


 また、この画像のようにM600Bをセットしようとしたら、一筋縄では行かずに要加工。

 

 M600Bの足がTangoDownに干渉するので、フォアグリップ側をこのようにカットして、ライトをマウントに組み、上からセットする事に。

 

 加工の勝手が判らず試行錯誤しながらの二作業だったので4時間近い時間を要したが、グリップが太くなる事で重量感が軽減されたように感じるなど、TangoDownの良さをあらためて実感。

 


  
タグ :HK416TangoDown


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:05Comments(0)HK416D

2013年12月27日

HK416D part.57 AN/PEQ-15 battery case ②

 HK416D part.55で触れたバッテリーボックスの加工が終了。

 

 その内容は、ニッケル9.6Vからリポ11.1V仕様への変更。

 

 このケースの優れている点は、実物に似た表面の質感だけではなく、バッテリー交換の容易性も。

 ①実物で電池収納蓋にあたる黒いノブを回す。
 ②バッテリーボックスを外して交換。
 ③電池収納蓋のノブで回してロック。
 ④専用の充電アタッチメントを装着して充電

 

 このような利便性を失いたくなかったので、配線方式を変更せずに電池の入れ替え作業を行ったが、この作業は極めて面倒。
 作業手順が判明した今でも、予備バッテリーの製作に気が向かない。リューターを使用してもは完成には相応の時間が必要。

 しかし、この作業後には気に入った外観だけでなく、快適な運用も待っているのでトレードオフ。

 ついでに、PEQのプレッシャースイッチ用の穴加工も施行。

 

 それにしても、PEQ-2の時といい、アレコレ悩まされるPEQ系。


  
タグ :HK416PEQ-15


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03HK416D

2013年12月24日

HK416D part.56 PEQ-15 Remote Pressure Switch

 PEQ-15用のプレッシャースイッチを調達。

 


 以前、HK416D part.39で触れたプレッシャースイッチを調達したものの、あらためてInsight製を調達。

 その実らしい出来映えには満足。
 ゴム製のスイッチ部分を比較すると、表面の質感・固さが大きく異なり、ケーブルも素材・長さが全く違う。
 また、スイッチを押した時の操作感がFMA製とは異なり、押すとカチッとスイッチが入り、実物ならでは。

 

 スイッチを押しても、現状ではポインター・イルミネーターの役目を果たさないが、いつかNVGと共に本物の機能を堪能したいもの。

 
  
タグ :HK416LA-5PEQ-15


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:05Comments(0)HK416D

2013年12月22日

HK416D part.55 AN/PEQ-15 battery case ①

 HK416D part.40 AN/PEQ-15・LA-5で触れたバッテリーボックスの加工を開始。

 

 その質感に惚れて購入したケースであるものの、その仕様はニッケル水素9.6V仕様。
 リポで11.1V駆動したいので、ケースの加工を開始。
 他のバッテリーケースを利用すれば良いだけだが、非常に実物に近い仕上げで製造されているケースなので、流用する事に。

 しかし、PEQ用のリポを収める工程は実に困難。
 単純な方法でケースに収めるなら容易であるものの、このケースの配線方式を活用するのは一苦労。

 

 果たして完成するのだろうか?

 

 リポ仕様LA-5モデルの発売を切望するばかり。



  
タグ :HK416PEQ-15


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:21HK416D

2013年12月21日

Battle Dress Uniform part.11

 頭も冬支度という事でビーニーを調達。

 


 オペレーターにより様々なブランドのビーニーを見かけるが、官品に飽きたのでARC'TERYXをチョイス。

 


 下記の二種類を調達。

 「CLASSIC BEANIE」
 「RHO LTW BEANIE」

 前者は厚手で、後者は薄手の製品。

 


  
タグ :BDU


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 08:49Comments(0)BDU

2013年12月18日

SIG SAUER P226 part.6

 スティッピングを開始。

 

 グリップの調整加工後、削った後を目立たなくするため、ハンダゴテを使ってスティッピング。

 NSWの226を見る限り、各人が様々な方法でスティッピング。

 


 10年振りの作業だが、簡単な作業なので、すぐに完了。

 

 削って握り易くなり、スティッピングで滑り難くなり、手にジャストフィット。
 あともう一度ぐらいスティッピングを行って完成の予定。

  
タグ :P226


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 10:34Comments(0)P226

2013年12月14日

SIG SAUER P226 part.5

 グリップを調整。

 

 セカンダリーも色々と手を加えたいものの、プライマリーが完成してないので、いま出来る事から。

 という事で、グリップを調整。
 ガバに慣れていたためか、マルイのためかは判らないが、この226のグリップは何故か太く感じる。

 グリップを外すと削れる厚みがあるので、ヤスリで手に馴染むように調整。

 

 人間の感覚とは不思議なもので、僅か数ミリの違いを微妙に感じ取るため、極端に細くする必要は無かった。

 後はしばらく様子を見て、仕上げを最後に。

  
タグ :P226


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 09:09Comments(0)P226

2013年12月13日

Accessory part.1 Rubber Band

 ゴムバンドを調達。

 


 近所で米国製をなかなか購入出来ないので、中野へ行って調達。

 

 また、ついでに色々なモノも予約。


 それにしても、ゴムバンドの使い方は様々存在。

  

  
タグ :EAGLE


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 16:08Comments(0)装備

2013年12月13日

Battle Dress Uniform part.10

 冬支度の一環でLevel1を調達。

 

 PCU等を含めて様々なモデルのLevel1が存在するものの、昔の名残でSPEARを調達。

 POLARTECのPOWER DRY素材で、軽量かつ速乾性を兼ね備えているらしい。

 
 CAGE 4Z048
 LAYER1, SILKWEIGHT UNDERWEAR SET
 2005


 ↓チラッと見えるブラックのLevel1が好み。

   


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 07:47Comments(0)BDU

2013年12月10日

SIG SAUER P226 part.4

 アウターバレルを調達。

 


 こんな画像を見てしまうと、CQCからはみ出したアウターを調達したくなるというもの。

 


 早速、VFC製を用意して組み換え。

 

 サイレンサーの準備を求められる外観。  
タグ :P226


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 10:41Comments(0)P226

2013年12月08日

HK416D part.54 Sling Attachment

 スリングアタッチメントを再び調達。

 

 リアのスリングアタッチメントにCQD製を入手したものの、SOCOM仕様の416に装着されているのは、大概このパーツ。

 
 

 気になって仕方なかったので、潔く変更。

 
  
タグ :HK416Sling


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:05Comments(0)HK416D

2013年12月05日

Combat Helmet Part.2

 何かが違う?

 

 OPS COREのVelcroを見ていると、以前に調達したVelcro素材と何かが違う。

 

 画像では判り難いが、両者を比べてみると、厚みやループの密度が大きく異なり、全くの別製品。

 

 調達したOPS COREのVelcroをマスターにして、Velcro素材で複製しようかと思っていたものの、これでは質感が違い過ぎるので却下する事に。
 


 



  
タグ :VelcroHELMET


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 12:54Comments(0)Helmet

2013年12月03日

HK416D part.53 Riser

 ライザーを調達。

 

 特に必要性は感じないものの、このような画像を見て気になっていたパーツ。

 


 そして、この画像が調達の決定打。

 


 ちなみに、このライザーで高さは1/2インチアップ。

 

 551をライザーに載せると、x3マグニファイアより高くなりケラレも発生するので、当面は使用の予定無し。

 高さに不満を感じ、ライザーが必要になる時まで保管しておく事に。





  
タグ :HK416EOTech


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03Comments(0)HK416D

2013年12月01日

Combat Helmet Part.1

 ヘルメット用のVelcroを調達。

 


 10年以上前は、このヘルメットを被ってゲームをしていた。

 

 PRO-TECにブラストを施しVelcroを貼り、NorotosマウントとMS-2000を取付けて被っていたものの、PVS-14を装着するとバランスが安定せず、ヘルメットが嫌いになり放り投げる事もしばしば。


 しかし、時代は変わり、ヘルメットは大幅に進化している様子。

 

 ならば、準備しておかねばという事で、下記のリプレイスメントパーツを調達。

 「Ops-Core FAST MARITIME Replacement Velcro Tan」

 



  
タグ :VelcroHELMET


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03Comments(0)Helmet