2014年01月26日

Combat Helmet Part.6

 お色直しが完了。

 

 FMA製のMaritimeモデルを調達したものの、やはりNSWDG仕様の雰囲気が欲しいので、AOR1加工を実施。

 AOR1と称されていても、製品を含めそう見えない仕上がりも多く、妥協しないで済むよう工程等を確認し、見極めてから作業を依頼。

 

 この仕様でのメーカー発売を望んでいたものの、AOR1加工の依頼段階で様々な障害を経験し、メーカーから発売されない理由の一端を理解する事に。
 作業依頼が各所で何度も暗礁に乗り上げ凹んだが、やっとの事で安堵する仕上がりになり一安心。

 

 Velcroもマリタイム仕様で貼り付け、とりあえずは第一段階終了。

 NSWDG仕様は、実の入手が難しいだけでなく、雰囲気を求めるだけでも難儀な代物。

  


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 12:36Helmet