2017年05月27日

HK416D part.100 Final Details

 PTWの416製作は、丁度Part.100を迎えると同時に最終章へ突入。

 

 NBORDEの416キットを入手し、その内容には十分満足であったものの"詰めがい"を感じ、「これでいいや」という妥協を捨て、微細な部分でもパーツを追加・変更するなどして、ディテールに満足が得られるよう拘ってみる事に。

 とは言え、ベースキットの出来具合が素晴らしいので、残っていた課題はごく僅か。肉眼では分かり難い部分でしかなく、見方によってはどうでも良い内容。
 しかし、マクロ画像で見ると明らかに違いが露呈した部分もあり、HK製416Dとの判別が難しくなる出来映えを目指し、可能な限りを尽くす事に。

 変更点は、詳細画像の内容。

 
 
 

 例えばピン1本にも表情がある事から、「ココを変えても良いかも知れない」といった指摘を受け、色味・形状・質感といった部分を訴求点にして、モデル製作でのエッジングパーツ的な要素で可能な範囲をディテールアップ。
 完成後の表情は、過度な要求にも当然応えられるキットでもあり、全く申し分ないもの。
 そして、的確な指摘と難易度の高い要求にも応えようと作業する姿勢にも頭が上がらない。

 

 過去、自分が購入した物に自身で突っ込まなければならない状況が続いただけに、費用対効果で言えば、ストレスフリーはこの上ない効果。
 こちらのPart.1から約4年という時間を要したものの、現状におけるトイガン・トレポンの理想形に辿り着いた印象。
 後は、スチールアウターバレルの登場を待つばかり。


  

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:07Comments(0)HK416D