スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年03月12日

Mk24 Mod 0 Part.9

 これまでの基礎工程がやっと終了し、いよいよ前項③の色再現工程へ。

 
 
 UmarexとHKを見比べると、下記のような様々な相違が浮き彫りに。

 

 ①スライドとフレームの相対的な配色
 ②フレームの絶対色
 ③ショートパーツの絶対色

 ①は、スライドとフレームのどちらが黒いか。
 ②③は、パーツ単体の絶対色。

 
 
 

 色は雰囲気を決定付ける要因の一つでもあり、実物の画像を日々眺めている者にとっては非常に重要な部分。

 
 
 

 結果的には、スライドおよびショートパーツはCerakoteによる塗装、フレームは皮膜処理により近似色を目指した。


 表面処理では色だけでなく肌の再現にも努めたが、画像では見難いものの、塗装後も加工肌は残り、実物の雰囲気に近づけた。

 

 肌の違いは、平面でも反射率の違いによりコントラストが生まれる特徴がある。

 
 

 実物も型・切削での肌表面により独特な風合いが出ているが、ブラスト・ヘアラインによる肌再現は適正で、多面ではより濃淡が強くなるという結果に。


 最後の工程は、HKを特徴付ける刻印作業。


  

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 23:39Comments(2)HK45CT