2013年03月14日

AAC M4-2000 part.4

 MAGPUL製の「M4-2000」が手元に届いた。

 

 今回購入したのは、MAGPUL製「M4-2000」タイプの初期限定モデル。
 サイレンサーボディの厚みが薄くなり270gから200gに軽量化された最新モデルを含め3バージョンが発売されたようだが、実は500gなので気にもせず、外観のリアルさを求めての結論。

 この実のようなマズル径が特に魅力的。
 その細さゆえにデメリットも心配されるが、もしそうなったら延長インナーバレルKITを用意して対応の予定。

 
 

 実の「M4-2000」のマズル径はこんな感じ。

 


 ハイダーはアルミだったので使う予定なし。
 当然、サプレッサーポーチは付属しないので、どこかで手配しよう。

 






タグ :AACHK416

同じカテゴリー(サプレッサー)の記事画像
AAC M4-2000 part.12
AAC M4-2000 part.11
AAC M4-2000 part.10
Paint part.1
HK416D part.79 Glass Breaker
AAC M4-2000 part.9
同じカテゴリー(サプレッサー)の記事
 AAC M4-2000 part.12 (2015-03-21 00:05)
 AAC M4-2000 part.11 (2014-11-11 12:01)
 AAC M4-2000 part.10 (2014-10-10 08:31)
 Paint part.1 (2014-09-24 00:06)
 HK416D part.79 Glass Breaker (2014-08-30 10:55)
 AAC M4-2000 part.9 (2014-07-21 13:04)

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 23:05 │Comments(0)サプレッサー

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。