2013年04月02日

HK416D part.12 Stock & Tube

 CraneストックとHKチューブの相性は?

 両者共にMilチューブ規格。
 しかし、タイト過ぎる場合にはストック可動の渋さが予測されるので、まずはフィッテイング。

 

 結果はタイトフィットながら上々。
 ストックをどの位置で固定してもグラつかずガッチリと固定され、剛性感も抜群。
 また、ストックの動きはテフロンコーティングされたHKチューブにより意外なほどスムーズで、HKクオリティの高さを実感。
 しかし、今のままでも十分だが、全くの力要らずでもないので、慣らしてどの程度スムーズになるのか、以後試してみたい。

 ストック・チューブ共に色味の異なるブラックだが、雰囲気は期待通り。
 HKブラックのフレームと組み合わさった時の全体像を早く見たい。

 

 






同じカテゴリー(HK416D)の記事画像
HK416D part.101 Optics
HK416D part.100 Final Details
HK416D part.99 Hand Guard
HK416D part.98 DG Magazines
HK416D part.97 NBORDE Part.2
HK416D part.96 NBORDE Part.1
同じカテゴリー(HK416D)の記事
 HK416D part.101 Optics (2017-06-11 22:59)
 HK416D part.100 Final Details (2017-05-27 00:07)
 HK416D part.99 Hand Guard (2017-05-07 00:11)
 HK416D part.98 DG Magazines (2017-02-26 00:03)
 HK416D part.97 NBORDE Part.2 (2017-01-24 00:09)
 HK416D part.96 NBORDE Part.1 (2016-12-29 00:10)

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 12:53 │Comments(0)HK416D

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。