2014年04月06日

HK416D part.63 SGT KIT②

 SGTキットのパーツは、それぞれ魅力的。

 


 中でも、バレルは「Light Profile」バレルが再現されたので、嬉しい誤算。

 HK416Dには「Heavy」と「Light Profile」バレルの2種類が存在し、その違いは形状変更による軽量化前後の違い。

 

 海外の資料によれば、HK416は2005年からSOCOMへテスト納入されたものの、フロント重量の点でオペレーターから不評を買い、バレルプロフィールに変更が加えられたとの事。
 重量差は僅かなので見た目ほどではないが、アクセサリーをレールに装着する点を含め、その重量差を軽視出来ないらしい。
 また、その資料によれば「Light Profile」バレルに変更された時期は2007年。
 2007年以前の「Heavy」バレルモデルは「Light Profile」に換装され、2007年以降のモデルは納入時から装着されている。

 

 このバレルの存在を知った際にワンオフでの製作を考えたが、今回のキットによる再現で、その必要性が無くなり一安心。






タグ :HK416PTW

同じカテゴリー(HK416D)の記事画像
SEAL RECON/RECCE Rifle Part.3 Optics
HK416D part.101 Optics
HK416D part.100 Final Details
HK416D part.99 Hand Guard
HK416D part.98 DG Magazines
HK416D part.97 NBORDE Part.2
同じカテゴリー(HK416D)の記事
 SEAL RECON/RECCE Rifle Part.3 Optics (2018-04-20 00:46)
 HK416D part.101 Optics (2017-06-11 22:59)
 HK416D part.100 Final Details (2017-05-27 00:07)
 HK416D part.99 Hand Guard (2017-05-07 00:11)
 HK416D part.98 DG Magazines (2017-02-26 00:03)
 HK416D part.97 NBORDE Part.2 (2017-01-24 00:09)

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:39 │Comments(0)HK416DPTW

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。