2014年11月11日

AAC M4-2000 part.11

 AAC M4-2000 part.10で触れたようにサプレッサーが最低限完成したものの、もう少し手を加えてみる事に。

 

 前回、まずはkhakiで塗装したものの、残る課題は焼け具合と汚し具合。
 サプレッサーがアルミ製なので実際に焼きを入れる訳にも行かず、塗装で表現してみる事に。
 という事で、まずはkhakiの上にsandを塗り、グラデーションを入れてみた。
 今後、もう一色加える必要が有りそうな雰囲気。


 また、M4-2000がもう二本眠っていたので、一本を別の手法で仕上げてみる事に。

 
 







同じカテゴリー(サプレッサー)の記事画像
AAC M4-2000 part.12
AAC M4-2000 part.10
Paint part.1
HK416D part.79 Glass Breaker
AAC M4-2000 part.9
AAC M4-2000 part.8
同じカテゴリー(サプレッサー)の記事
 AAC M4-2000 part.12 (2015-03-21 00:05)
 AAC M4-2000 part.10 (2014-10-10 08:31)
 Paint part.1 (2014-09-24 00:06)
 HK416D part.79 Glass Breaker (2014-08-30 10:55)
 AAC M4-2000 part.9 (2014-07-21 13:04)
 AAC M4-2000 part.8 (2014-02-02 11:48)

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 12:01 │Comments(0)サプレッサー

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。