2018年03月12日

Mk24 Mod 0 Part.9

 これまでの基礎工程がやっと終了し、いよいよ前項③の色再現工程へ。

 
 
 UmarexとHKを見比べると、下記のような様々な相違が浮き彫りに。

 

 ①スライドとフレームの相対的な配色
 ②フレームの絶対色
 ③ショートパーツの絶対色

 ①は、スライドとフレームのどちらが黒いか。
 ②③は、パーツ単体の絶対色。

 
 
 

 色は雰囲気を決定付ける要因の一つでもあり、実物の画像を日々眺めている者にとっては非常に重要な部分。

 
 
 

 結果的には、スライドおよびショートパーツはCerakoteによる塗装、フレームは皮膜処理により近似色を目指した。


 表面処理では色だけでなく肌の再現にも努めたが、画像では見難いものの、塗装後も加工肌は残り、実物の雰囲気に近づけた。

 

 肌の違いは、平面でも反射率の違いによりコントラストが生まれる特徴がある。

 
 

 実物も型・切削での肌表面により独特な風合いが出ているが、ブラスト・ヘアラインによる肌再現は適正で、多面ではより濃淡が強くなるという結果に。


 最後の工程は、HKを特徴付ける刻印作業。







同じカテゴリー(HK45CT)の記事画像
Mk24 Mod 0 Part.10
Mk24 Mod 0 Part.8
Mk24 Mod 0 Part.7
Mk24 Mod 0 Part.6
Mk24 Mod 0 Part.5
Mk24 Mod 0 Part.4
同じカテゴリー(HK45CT)の記事
 Mk24 Mod 0 Part.10 (2018-04-22 22:39)
 Mk24 Mod 0 Part.8 (2018-03-11 23:59)
 Mk24 Mod 0 Part.7 (2018-03-10 22:51)
 Mk24 Mod 0 Part.6 (2018-02-24 00:33)
 Mk24 Mod 0 Part.5 (2017-12-28 22:24)
 Mk24 Mod 0 Part.4 (2017-12-15 00:06)

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 23:39 │Comments(1)HK45CT

この記事へのコメント
もうすぐ完成のようですね、
仕上がりが凄く楽しみです。

私も実物のメプロサイト入手しました、
出来れば取付方法とデコッキングレバーの
加工方法等教えて頂けると幸いです。
Posted by たつ坊 at 2018年04月18日 12:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。