2018年04月22日

Mk24 Mod 0 Part.10

 3つの作業目的のうち、

 ①面出し・線出し
 ②肌形成
 ③色・刻印再現

 ③の色再現までが終了し、最後の課題である刻印再現でMk24 Mod 0は完成。

 

 HKの刻印文字は416も45CTも白いため、一般的なメーカーの刻印より目立つ傾向に。
 そのため実物とエアソフトの刻印相違点が目立ち、最終的な仕上がり具合を大きく左右する要因の一つに。
 
 ・フォント
 ・文字サイズ
 ・刻印の濃淡

 これらの条件が揃わない場合、リアルなオモチャを求める者にとっては「何か違う」という不満を抱え続ける厄介なポイントで、可能な限り解決したい問題。
 しかし、今は昔と異なり、レーザー機の普及・進歩により刻印が身近になり、微細なサイズや深さまで追い込んでの印字が可能に。

 

 原稿と作業が丁寧かつ正確であれば、相応な出来映えを期待できる良い時代でもある。


 Mk24 Mod 0は、画像を見る限りHK USA製。
 また、実物はスチール製スライドへの刻印となり、真っ白ではなく少し酸化したような色。

 

 実物と素材が異なるUmarex製スライドで、この刻印ディテールの再現方法発見には時間を要したものの、刻印特性を知ることで大量生産品とは一線を画する結果に。

 

 各箇所で最適な刻印再現を追求し、満足するディテールに辿り着いた。

 
 
 

 Mk24 Mod 0を目指すため、サプレッサーも細部に至るまでディテール・アップ。
 
 

 一通りの作業により、ひとまずは完成したものの、残念ながら現状は暫定形。宿題が3箇所あり、解決策が決まり次第、年内を目処に完成形として仕上げる予定。
 カスタムの醍醐味は、費やした苦労に見合う成果。Mk24 Mod 0への道筋の過程でUmarexに対する不満の大部分を解消したが、装備探求手段の一つとしては実に愉しい作業。

 

 今回の一連の作業は、Umarex HK45CTがベースとして素晴らしい内容を持つだけに、スペシャル・パーツでディテール・アップを図らなくても、オリジナル・パーツに手を加えるだけで質と満足度が向上する一例に。
 





同じカテゴリー(HK45CT)の記事画像
Mk24 Mod 0 Part.11
Mk24 Mod 0 Part.9
Mk24 Mod 0 Part.8
Mk24 Mod 0 Part.7
Mk24 Mod 0 Part.6
Mk24 Mod 0 Part.5
同じカテゴリー(HK45CT)の記事
 Mk24 Mod 0 Part.11 (2018-06-03 00:03)
 Mk24 Mod 0 Part.9 (2018-03-12 23:39)
 Mk24 Mod 0 Part.8 (2018-03-11 23:59)
 Mk24 Mod 0 Part.7 (2018-03-10 22:51)
 Mk24 Mod 0 Part.6 (2018-02-24 00:33)
 Mk24 Mod 0 Part.5 (2017-12-28 22:24)

Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 22:39 │Comments(1)HK45CT

この記事へのコメント
かっこいいですね!
私もコツコツとHK45CT仕上げてますが
先日インナーバレルガイドが割れました…
ブローバックが強いので負荷がかかったのか…
純正パーツは入手しにくいので
ガーダーあたりから強化パーツが
出る事を期待しているこの頃です。
Posted by たつ坊 at 2018年04月23日 19:06
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。