スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年12月27日

HK416D part.57 AN/PEQ-15 battery case ②

 HK416D part.55で触れたバッテリーボックスの加工が終了。

 

 その内容は、ニッケル9.6Vからリポ11.1V仕様への変更。

 

 このケースの優れている点は、実物に似た表面の質感だけではなく、バッテリー交換の容易性も。

 ①実物で電池収納蓋にあたる黒いノブを回す。
 ②バッテリーボックスを外して交換。
 ③電池収納蓋のノブで回してロック。
 ④専用の充電アタッチメントを装着して充電

 

 このような利便性を失いたくなかったので、配線方式を変更せずに電池の入れ替え作業を行ったが、この作業は極めて面倒。
 作業手順が判明した今でも、予備バッテリーの製作に気が向かない。リューターを使用してもは完成には相応の時間が必要。

 しかし、この作業後には気に入った外観だけでなく、快適な運用も待っているのでトレードオフ。

 ついでに、PEQのプレッシャースイッチ用の穴加工も施行。

 

 それにしても、PEQ-2の時といい、アレコレ悩まされるPEQ系。


  
タグ :HK416PEQ-15


Posted by  GE6TOC - Two One Cell -  at 00:03HK416D